ロゴ
>特集>マンションを売るなら不動産会社に相談すべき!【優良不動産会社の特徴】

マンションを売るなら不動産会社に相談すべき!【優良不動産会社の特徴】

マンション

不動産業者に声を掛ければ良いと分かっていても、実際にマンションを売る時は、何から相談して良いのか分からないのも普通のことです。そこで先ずは、売約方式を相談してみると良いでしょう。不動産の売却方法には買取方式と媒介方式があり、どちらを選ぶかによって金額も違ってきますので、マンション売却のポイントと言っても過言ではありません。高く売れるのは媒介方式ですが、買取方式は不動産業者が直接買上げてくれるため、直ぐに現金が必要な時に魅力的な売却スタイルとなっています。一方、媒介方式には3つの契約種別があり、一般媒介契約は複数社との契約が可能なため、あちこちの不動産業者に仲介を頼みたい時は、これを選ぶのがポイントです。それ以外の専任媒介契約と専属専任媒介契約は1社だけしか契約できませんが、一般媒介契約では義務化されていない販売状況報告を、定期的に受けられるメリットがあります。そして、専属専任媒介契約は制約事項が最も厳しい反面、より積極的に販売活動へ取り組んでくれるため、本気でマンションの売却をお考えなら、おすすめできる契約方法です。

不動産を売却する時は優良業者に声を掛けるのが大切ですが、媒介方式で売る場合、高値を付けてくれる業者が常に優良とは限りません。販売実績に裏付けされた確固たる根拠がある場合は別ですが、そうでなければ査定額は多少低くても、誠実に対応してくれる業者を選んだ方が良いと言えます。媒介方式では実際に物件を買うのは一般のお客さんですから、売れなければ後々値下げすれば良いため、相場を無視した高値を提示するのはそれほど難しくないのです。その点、マンションの売却を真剣に考えている優良業者なら、そんな無責任な対応はしませんので、現実的に売却可能な範囲の金額を提示してくれます。契約欲しさに高値を示す業者と、例え契約を逃すリスクはあっても堅実的な査定額を提案する業者なら、後者の方がより親身に対応してくれる業者と見て間違いないでしょう。ですから媒介販売の査定金額はあくまで参考にとどめ、誠実性や信頼性を重視して依頼先を決めるのがベターです。

マンション